腰痛が慢性化する原因とは?

query_builder 2024/06/14 腰痛
腰痛が慢性化する原因やそれを防ぐ方法について詳しく解説します。腰痛の原因となりやすい生活習慣や対策を知り、健康な生活を実現しましょう。
腰痛専門整体院BEING
ロゴ
慢性的な腰痛へのアプローチに特化した整体院を、船橋市で営業しています。院長自身が腰痛に苦しんだ経験から、お客様の一人ひとりの辛いお悩みに寄り添い、熱意をもって日々の施術に臨んでいます。
腰痛専門整体院BEING
住所:

〒274-0077

千葉県船橋市薬円台5丁目33-4

電話番号:
070-5080-5777

腰痛の現状

多くの人が一度は経験したことがある腰痛。しかし、それが慢性化すると日常生活に大きな影響を及ぼします。

腰痛の原因

腰痛の原因はさまざまですが、主な要因は筋肉の緊張や骨の病気などです。筋肉の緊張による腰痛は、長時間同じ姿勢を続けたり、重い物を持ち上げたりすることで起こることがあります。また、骨の病気による腰痛としては、脊椎関節の変形や椎間板のヘルニアが挙げられます。さらに、腰に負担をかけるスポーツや過度な運動も腰痛の原因となり得ます。加えて、生活習慣の乱れやストレスも腰痛の要因となることがあります。これらの原因が重なることで、腰痛が慢性化してしまうケースもあります。正確な原因を特定するためには、専門の医師に相談して診断を受けることが重要です。

慢性腰痛について

急性腰痛が長期間続くと、慢性腰痛となる場合があります。慢性腰痛は、日常生活に長期間にわたって影響を及ぼすため、生活の質を低下させることがあります。慢性腰痛の原因はさまざまであり、個人の生活習慣や身体の特性によって異なる場合があります。

生活習慣による慢性腰痛の原因としては、不適切な姿勢や長時間の座り仕事、運動不足などが挙げられます。長時間同じ姿勢を続けることで、特定の筋肉が過度に使われたり、常に同じ部位に負荷がかかることで腰痛が慢性化することがあります。また、適度な運動不足も腰痛の原因となります。筋肉が弱くなることで腰の安定性が低下し、さらなる負担がかかることで慢性腰痛が引き起こされることもあります。

加えて、ストレスも慢性腰痛の原因となります。心理的なストレスは筋肉の緊張を引き起こし、腰に負担をかけることで腰痛が慢性化することがあります。ストレスによる筋緊張は、日常生活の中で続くことで慢性化する傾向があります。

以上のような要因が重なることで腰痛は慢性化し、日常生活に支障をきたすことがあります。慢性腰痛を予防するためには、適切な姿勢の保持や適度な運動、ストレスの管理が重要です。また、慢性腰痛が続く場合は、専門医の診断と治療を受けることが有効です。早期の対処と予防策の取り入れにより、慢性腰痛を克服し、健康な生活を送ることができるでしょう。

生活習慣と腰痛

腰痛の一因として、日常生活の中の生活習慣が挙げられます。具体的な生活習慣とその改善方法について解説します。

姿勢と腰痛

適切な姿勢の保持は、腰痛の予防や改善に非常に重要です。長時間同じ姿勢を続けることは、腰に負担をかける原因となります。特にデスクワークなどの座って行う作業では、正しい姿勢を意識することが必要です。

まず、正しい座り姿勢を保つためには、背骨の自然な曲線をキープすることが重要です。背中をまっすぐに伸ばし、腰を後ろに突き出さず、腰と背中の間にクッションを置くなど、サポートをすることも有効です。また、デスクや椅子の高さを調整し、正しい位置で作業するように心がけましょう。

長時間座っている際には、定期的に休憩を取ることも重要です。ストレッチや軽い運動を行うことで、筋肉の緊張を緩和し、血液循環を促進することができます。さらに、椅子の姿勢を変えたり、立ち上がって歩いたりすることも効果的です。

また、立ち姿勢でも正しい姿勢を保つことが大切です。足幅を肩幅程度に開き、背骨をまっすぐ伸ばすように立ち、重心を均等に分散させることが理想的です。長時間立ちっぱなしの場合には、腰に負担がかからないように、片足を少し上げて休憩するなど、工夫をすることも重要です。

姿勢の改善は、腰痛予防だけでなく、日常生活全体の健康にも大きな影響を与えます。正しい姿勢を意識しながら、座る・立つ・歩くなどの日常動作を行うことで、腰痛のリスクを低減することができます。また、姿勢の改善には専門家のアドバイスを受けることも有効です。早めの対策とコツを掴むことで、快適な姿勢を維持し、健康な腰を保つことができるでしょう。

運動不足と腰痛

運動不足は、腰痛のリスクを高める要因の一つです。筋肉の弱体化や柔軟性の低下が引き起こされるため、腰に負担をかけることになります。運動を取り入れることで、腰痛の予防や改善につなげることができます。

まず、腰をサポートするために重要なのは、腹筋や背筋などの中心部の筋力を強化することです。これらの筋肉を鍛えることで、腰を安定させ、負担を軽減する効果があります。具体的な筋力強化運動としては、プランクやバードドッグなどのコアトレーニングが有効です。自宅でできる簡単なエクササイズから始め、徐々にレベルを上げていきましょう。

また、有酸素運動も腰痛予防に役立ちます。有酸素運動は血液の循環を促進し、筋肉の柔軟性を高める効果があります。ウォーキングや水泳、サイクリングなど、自分の体力や好みに合わせた運動を選びましょう。毎日少しずつでも継続することが大切です。

運動を始める際には、適度なストレッチも取り入れることが重要です。筋肉や関節をほぐし、柔軟性を高めることで、運動時の負荷を分散させることができます。特に腰まわりのストレッチを意識的に行いましょう。ヒップストレッチや背筋ストレッチなどがおすすめです。

ただし、無理な運動や重い負荷をかけることは避けるようにしましょう。自分の体力や限界をしっかりと考慮して、無理のない範囲で取り組むことが大事です。また、運動をする前には必ずウォームアップを行い、適切な姿勢と呼吸を意識しながら行うことも忘れずに。

運動不足が腰痛の原因となるケースは少なくありません。定期的な運動習慣を身につけることで、筋力を維持し、柔軟性を高めることができます。運動を通じて健康な腰を保ち、腰痛を予防するためにも、日常生活に運動を取り入れることをおすすめします。

食生活と腰痛

意外に思われるかもしれませんが、食生活も腰痛に大きく関わっています。どのような関連性があるのでしょうか。

栄養バランスと腰痛

栄養バランスの偏りは、腰痛の原因となることがあります。特にカルシウムやビタミンDの不足は、骨粗しょう症のリスクを高め、腰痛を引き起こす可能性があります。

カルシウムは骨を強くするために不可欠な栄養素です。魚介類や乳製品、大豆製品などに多く含まれています。カルシウムが不足すると、骨の密度が低下し、腰や背中の負担を増やすことにつながります。日常的にカルシウムを摂取することで、骨の健康をサポートし、腰痛の予防に役立ちます。

ビタミンDもカルシウムの吸収と骨の形成に重要な役割を果たします。紫外線を浴びることで体内で生成されますが、日光にさらされる時間が不足している場合や、食事から摂取することが難しい場合には、不足する可能性があります。ビタミンD不足は腰痛の原因となるだけでなく、骨の健康にも悪影響を及ぼすため、十分な摂取を心がけましょう。

さらに、食生活の偏りや過食も腰痛のリスクを高めます。偏った食事は栄養バランスの乱れを招き、炎症を引き起こす可能性があります。また、過食による体重増加は腰に負担をかけ、腰痛の原因になる場合もあります。バランスの取れた食事を心がけ、繊維質や抗酸化物質を含む野菜やフルーツを積極的に摂取することで、炎症を抑え、腰痛の予防に役立ちます。

栄養バランスの偏りは健康にさまざまな影響を及ぼします。腰痛予防のためには、カルシウムやビタミンDを適切に摂取することや、バランスの取れた食事を心がけることが重要です。日常生活で意識的に栄養バランスを考えながら食事をすることで、腰痛のリスクを低減し、健康な生活を送ることができるでしょう。

食事の摂り方と腰痛

食事の摂り方も腰痛の予防や改善に大きく関わってきます。健康的な食事習慣を身につけることで、腰痛を抑えることができます。

まず、食事のバランスに注意しましょう。タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を適切に摂取することが重要です。特にタンパク質は筋肉の再生や修復に必要な栄養素ですので、肉、魚、大豆製品などからバランスよく摂取するようにしましょう。また、野菜や果物からはビタミンやミネラルを豊富に摂ることができます。

さらに、食事の摂り方にも注意が必要です。過食や食べ過ぎは体重増加を招き、腰に負担をかける要因となります。適度な量を摂り、食事のペースをゆっくりとすることで、満腹感を感じやすくなります。また、腰痛予防には食物繊維や抗酸化物質を多く含む野菜やフルーツを積極的に取り入れましょう。これらの成分は炎症を抑える効果があり、腰痛の緩和に役立ちます。

食事の摂り方に加えて、水分摂取も重要です。十分な水分を摂ることで、体内の老廃物や炎症物質を排出し、体内環境を整えることができます。また、水分不足は筋肉や関節の柔軟性を低下させるため、腰痛のリスクを高める可能性があります。適度に水分を摂り、体内の水分バランスを整えることで、健康な腰をキープすることができます。

食事の摂り方は、腰痛予防において見逃せないポイントです。バランスの取れた食事、適度な摂取量、野菜や果物の積極的な摂取、十分な水分摂取を心がけることで、健康な腰をサポートすることができます。日常生活で意識的に健康的な食事を心がけ、腰痛を予防することをおすすめします。

ストレスと腰痛

心理的なストレスもまた、腰痛の原因として挙げられます。その関連性を見ていきましょう。

ストレスと筋緊張

ストレスは、腰痛の原因となることがあります。心理的なストレスは筋肉に直結し、それが腰痛の要因となることもあります。

ストレスによる筋緊張は、身体の不安や緊張状態を引き起こし、筋肉に過剰な負荷をかけることがあります。例えば、仕事のプレッシャーや人間関係のストレス、日常生活の不安などさまざまな要因が、筋肉の緊張を引き起こす可能性があります。特に、腰回りの筋肉が強張ると、腰痛が発生することがあります。

また、ストレスによって身体の血圧や心拍数が上昇し、筋肉に酸素や栄養が十分に供給されなくなる場合もあります。これにより筋肉の疲労が蓄積し、筋緊張がさらに増すことで腰痛が慢性化することもあります。

ストレスからくる腰痛を防ぐためには、ストレスを上手に発散することが重要です。リラクゼーション法や深呼吸、マインドフルネスなどのリラックス法は、筋緊張を緩和し、ストレスの軽減に役立ちます。また、良質な睡眠をとることもストレス対策の一つです。睡眠不足はストレス感の増大や筋肉の緊張を引き起こすため、十分な睡眠環境を整えることが大切です。

さらに、ストレスを抱える時には定期的な休息も重要です。ほどよいリラックスタイムや趣味の時間を持つことで、ストレスをリセットすることができます。自分自身に対して優しい気持ちを持ち、ストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

緊張やストレスは腰痛の引き金となり得るため、心と体のバランスを整えることが腰痛予防の鍵となります。適切なストレス対策を取り入れ、心身のリラクゼーションを意識することで、腰痛の発生や慢性化を防ぐことができます。

ストレス対策

ストレス対策は腰痛を予防するために重要な要素です。ストレスは腰痛の原因となるだけでなく、日常生活全体の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。ここでは、ストレス対策について詳しく説明します。

まず、日常生活でのリラクゼーションを心がけることが大切です。ストレスを抱えているときには、自分に合った方法でリラックスする時間を作りましょう。例えば、趣味に没頭する、音楽を聴く、散歩をするなど、自分自身に心地よい時間を与えることでストレスを和らげることができます。また、ストレス発散のために定期的な運動もおすすめです。運動によるエンドルフィンの分泌により、ストレスを軽減する効果があります。

睡眠の質を高めることもストレス対策の一環です。十分な睡眠をとることで、心身の疲れを回復させることができ、ストレスの蓄積を防ぐことができます。良い睡眠環境を整えるためには、就寝前にリラックスする時間を作ることが重要です。ベッドルームを快適な空間にし、寝る前にスマートフォンやパソコンといった刺激的なものを避けるようにしましょう。

また、ストレスを抱えたときにはコミュニケーションを大切にすることも重要です。誰かに話を聞いてもらったり、悩みを共有したりすることで心の負担が軽減されることがあります。信頼できる友人や家族との関係を築き、ストレスを上手に解消しましょう。

最後に、自己ケアを忘れずに行うこともストレス対策の一環です。自分を労わる時間を作り、ストレスを溜め込まないようにしましょう。良質な食事や十分な水分摂取、休息を取ることも大切です。自分自身へのメンタルケアやセルフコンパッションを意識することで、ストレスへの対応力を高めることができます。

ストレスを抱えることは避けられないものですが、ストレス対策を行うことで、腰痛の予防や健康な生活を送ることができます。自分に合った方法を見つけ、ストレスと上手に向き合いましょう。

腰痛を予防するためにできること

腰痛が慢性化しないために、具体的な行動を起こすことが大事です。どういったことが考えられるでしょうか。

筋力強化運動

筋力強化運動は、腰痛の予防や改善に非常に効果的です。筋肉が強化されることで、腰を支える力が増し、負荷を軽減する効果が期待できます。

まず、背筋や腹筋の筋力強化は重要です。背筋を鍛えることで背骨をしっかりとサポートし、腰の安定性を向上させることができます。背筋エクササイズには、スーパーマンポーズやバックエクステンションなどがあります。これらのエクササイズを継続的に行うことで、背筋の強化と腰痛予防につながります。

また、腹筋の筋力を高めることも重要です。腹筋の強化により、腹部の安定性が高まり、腰への負荷を分散することができます。プランクやクランチなどの腹筋運動を取り入れると効果的です。正しいフォームで行い、無理のない範囲で継続することがポイントです。

さらに、下半身の筋肉も強化することが重要です。太ももやお尻の筋肉の強化により、腰への負担を軽減し、バランスを保つことができます。スクワットやランジなどの下半身の筋力トレーニングを取り入れましょう。適度な負荷をかけながら行うことで、安定した下半身の筋肉を鍛えることができます。

筋力強化運動は、無理なく続けることが重要です。初めは軽い負荷から始め、徐々にレベルを上げていきましょう。また、正しいフォームや呼吸法にも注意しましょう。無理な姿勢や過度な負荷は逆効果となる場合がありますので、自身の限界を把握し、自己責任で行うことが大切です。

筋力強化運動を継続的に行うことで、腰痛の予防や改善に効果を発揮することができます。適切な筋力トレーニングを身につけ、腰をサポートする筋肉を強化しましょう。ただし、腰痛のある方や体の不調を感じる場合には、医師や専門家の指導を受けることをおすすめします。

ライフスタイルの改善

腰痛を予防するためには、ライフスタイルの改善も重要です。健康的な生活習慣を取り入れることで、腰に負荷をかける要因を減らし、腰痛を予防することができます。

まず、適度な運動を日常生活に取り入れることが大切です。定期的な運動は筋力や柔軟性を向上させ、腰の安定性を高める効果があります。ウォーキング、水泳、ヨガなど、自分に合った運動を選びましょう。毎日の短い時間でも積極的に活動することが大切です。また、長時間の座り仕事をしている場合には、適度な休憩やストレッチを取り入れることも大切です。

食事にも注意を払うことが必要です。バランスの取れた食事を心がけ、必要な栄養素を摂ることが大切です。特にカルシウムやビタミンDを含む食材を適切に摂取することで、骨の健康をサポートし、腰痛のリスクを低減することができます。

睡眠の質も腰痛予防に大きく関わります。快適な睡眠環境を整え、十分な睡眠時間を確保することが重要です。体の疲れを回復させるためにも、睡眠に十分な時間を割くようにしましょう。また、良い寝具や寝姿勢を意識することも睡眠の質を向上させるポイントとなります。

ストレスの適切な管理も重要です。ストレスは腰痛の原因となることがありますので、ストレス解消法を取り入れることが大切です。リラクゼーション法や趣味に打ち込むことで、心と身体をリフレッシュさせましょう。さらに、時間管理や効果的な仕事の配分をすることで、ストレスを軽減することもできます。

ライフスタイルの改善は腰痛予防において重要なポイントです。適度な運動、バランスの取れた食事、質の高い睡眠、ストレス管理に心を配りながら、日常生活を過ごしましょう。自己管理と意識的な努力を重ねることで、腰痛を予防し、健康な生活を送ることができるでしょう。ただし、腰痛のある方は医師の指示に従って行動することが重要です。

治療方法とその効果

既に腰痛が慢性化している場合、どのような治療法が有効なのでしょうか。さまざまなアプローチを紹介します。

物理療法

物理療法は、腰痛の治療や症状の緩和に有効な手段です。様々な物理的なアプローチを用いて、筋肉や関節の緊張を緩和し、腰痛の改善を図ります。

一つの物理療法としては、温熱治療があります。温めることで血行を促進し、筋肉の緊張をほぐす効果があります。温湿布や温めパッドを使用することで、腰痛を和らげることができます。

電気療法もよく用いられます。電気刺激により筋肉の緊張を緩和し、神経の興奮を抑える効果があります。電気治療器具を使用して、痛みや炎症の改善を図ることができます。

さらに、マッサージやマニピュレーションも物理療法の一環として効果的です。筋肉や関節の緊張を緩め、血液の循環を促進することができます。専門家による施術を受けることで、腰痛の改善や症状の緩和が期待できます。

物理療法は、症状に合わせて適切な方法を選ぶことが重要です。医師や専門家の指示に従い、適切な治療法を受けることが必要です。また、長期的な効果を得るためには、定期的に継続して施術を受けることが重要です。

ただし、物理療法はあくまで症状の一時的な緩和や予防的な効果を目指すものであり、根本的な原因の解決にはなりません。腰痛の症状が続く場合には、医師の診断を受けて適切な治療方法を選ぶことが大切です。

薬物療法

薬物療法は、腰痛の治療や症状の緩和に有効な方法の一つです。医師の指示に基づき、痛みや炎症を抑える目的で使用されます。

炎症を抑えるためには、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)がよく使用されます。これらの薬は炎症反応を抑え、腰痛の原因となる炎症に対して効果を発揮します。

また、痛みを和らげるためには鎮痛剤が使用されます。鎮痛剤は中等度から重度の腰痛に対して効果的であり、一時的に痛みを緩和することができます。ただし、鎮痛剤の使用には適切な用量と服用方法を守ることが重要です。

一時的な痛みの緩和に加えて、筋肉の緊張を緩和するために筋弛緩剤も使用されます。これらの薬は筋肉の緊張を抑え、腰痛に伴う筋肉の痛みやこわばりを軽減する効果があります。

以上のような薬物療法は、腰痛の治療において重要な役割を果たします。ただし、薬物療法は症状の緩和を目的としているため、腰痛の根本的な原因や改善には直接的な効果を持ちません。そのため、薬物療法には医師の指示に従い、正しい用法・用量を守ることが重要です。

薬物療法に加えて、物理療法や適切な運動、ライフスタイルの改善など、総合的なアプローチを行うことで腰痛の緩和や予防が可能です。自己判断や自己処方は避け、必要な薬物療法は医師の指示のもとで行うことをおすすめします。

予防策のとり方と長期戦略

腰痛を未然に防ぐための予防策や、長期的に腰痛と向き合うための戦略について解説します。

日々の予防策

腰痛を予防するためには、日々の生活の中で意識的な予防策を取ることが重要です。以下に具体的な予防策を紹介します。

まず、正しい姿勢を保つことが大切です。長時間同じ姿勢でいる場合には、背筋をまっすぐ伸ばし、背中を丸めないようにしましょう。デスクワークや立ち仕事の際には、椅子や机の高さを調整し、適切な姿勢をキープするように注意しましょう。

また、長時間の座り仕事やデスクワークを行う場合には、定期的な休憩が重要です。30分に一度、立ち上がって伸びをするなどの小さな動きを取り入れることで、筋肉の血行が良くなり、腰痛の予防につながります。

適度な運動も腰痛予防のために大切です。筋肉を強化することで腰の安定性が向上し、腰への負荷を軽減する効果が期待できます。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動を取り入れることがおすすめです。適度な運動を継続することで、腰痛の発生リスクを低くすることができます。

さらに、荷物の運搬や持ち運びには注意が必要です。重い荷物を一度に持ち上げるのではなく、分けて持つか、適切な道具を使うようにしましょう。筋力に自信がない場合は、他の人に手伝ってもらうことも考慮しましょう。

日々の予防策を意識することで、腰痛のリスクを低減することができます。正しい姿勢の保持、定期的な休憩、適度な運動、荷物の取り扱いに注意するなど、習慣化させることが大切です。長期的な視点で日常生活に取り入れ、腰痛を未然に防ぐ努力をしましょう。ただし、腰痛の症状が続く場合には、医師の診断を受けることが重要です。

長期戦略とは

腰痛との長期的な戦いには、継続的な取り組みと定期的なケアが必要です。長期戦略とは、腰痛の予防や管理において、短期的な対策だけでなく、生活習慣や環境を改善することを指します。

まず、ライフスタイルの改善が長期戦略の重要な要素です。適切な姿勢の保持や適度な運動、バランスの取れた食事を継続することは、腰痛の予防や改善につながります。また、ストレスの管理や良質な睡眠の確保も欠かせません。これらの生活習慣の改善を長期的に続けることで、腰痛リスクを低減させることができます。

さらに、定期的な診察や専門家のアドバイスも重要です。腰痛の症状が続く場合には、専門の医師や理学療法士に相談し、適切な治療方法やケアプランを立ててもらいましょう。定期的な診察を受けることで、症状の変化や進行を把握し、適切な対応を行うことができます。

長期戦略では、持続的な自己管理も欠かせません。腰痛予防や管理のために、自身の身体の変化や症状の再発を注意深く観察しましょう。体のサインを感じ取り、無理な負荷をかけずに自身のペースを守ることが大切です。

最後に、継続的な努力と根気強さも必要です。腰痛の予防や改善は、即効性を求めるものではありません。日々の取り組みを継続し、徐々に改善を実感することが大切です。長期的な視点で取り組み続けることで、腰痛の予防や症状の緩和、または慢性化の防止が可能です。

長期戦略は腰痛に対する総合的なアプローチです。生活習慣の改善、専門家のサポート、自己管理、根気強さを持った継続的な努力が必要です。腰痛と向き合い、健康な腰を保つために、長期的な戦略を取り入れましょう。

まとめ

本記事では、生活習慣や心理的なストレスなど、腰痛の原因となる多種多様な要因を見てきました。

日々の生活での注意点

日々の生活で腰痛に注意を払うことは、腰痛の予防や管理において重要です。以下に、日常生活での注意点をいくつか紹介します。

まず、姿勢に注意しましょう。長時間同じ姿勢を続けることは腰痛の原因となります。デスクワークや立ち仕事をしている場合には、適切な姿勢を保つように意識しましょう。背筋を伸ばし、背中をまっすぐにし、腰への負荷を軽減するためにクッションやサポートを活用すると良いでしょう。

また、重い荷物を持ち運ぶ際にも注意が必要です。荷物を一度に持ち上げず、適切な姿勢で分けて持ちましょう。さらに、腰に直接負担がかからないように脚力を活用し、腰への負担を分散させることが重要です。

長時間座り仕事をしている場合には、定期的に休憩を取ることも大事です。立ち上がって軽いストレッチを行ったり、散歩をしたりすることで、筋肉の血行が良くなり、腰痛の予防につながります。

さらに、適度な運動も重要です。腰に負荷をかけずにできる軽い運動やストレッチを日常的に取り入れることで、筋力のバランスを整え、腰をサポートする筋肉を強化することができます。

最後に、ストレスを適切に管理することも大切です。ストレスは腰痛の原因となることがありますので、リラクゼーション法やストレス解消法を活用し、心と身体のリラックスを図りましょう。

日々の生活での注意点を意識することで、腰痛のリスクを低減することができます。姿勢の保持、荷物の取り扱い、運動の継続、ストレスの管理など、生活の中で取り組むことができるポイントに注意を払いましょう。

腰痛を予防・克服するための方法

腰痛を予防・克服するためには、日常生活での注意点を覚えるだけでなく、継続的な努力が必要です。適切な姿勢の保持、軽い運動やストレッチの取り入れ、荷物の取り扱いに注意し、ストレスを適切に管理することが重要です。また、医師や専門家のアドバイスを受けながら、生活習慣の改善や治療法に取り組むこともおすすめです。自己ケアと定期的なケアの両方が重要です。腰痛を予防・克服するために、自分自身の健康管理に積極的に取り組みましょう。

腰痛専門整体院BEING
ロゴ
慢性的な腰痛へのアプローチに特化した整体院を、船橋市で営業しています。院長自身が腰痛に苦しんだ経験から、お客様の一人ひとりの辛いお悩みに寄り添い、熱意をもって日々の施術に臨んでいます。
腰痛専門整体院BEING

〒274-0077

千葉県船橋市薬円台5丁目33-4